CMでよく見る業者に頼んでみる?

車買取を利用する場合、なるべく高い価格で買い取ってほしい、と思ってしまうのは人の性だと言えるのではないでしょうか。

かくいう私も、どちらにしても手放すのであれば、なるべく高く買取を行ってほしい、と考えてしまいます。

車買取を行ってもらう時に、価格に影響する事柄は何種類かありますが、価格に車の色も影響してくる場合がある、という事はご存知でしょうか。

車買取の価格が付く基本は需要があるかどうか、が問題になってきますから、やはり売れない色と売れる人気色というものがあります。やはりよく売れる人気色は高い価格が付きやすくなりますから、新車を買う時点で、車買取を見据えて色を選んでおくことで高い価格を意識的に目指す、というのも良いでしょう。

車体の色の中では白っぽい色が全体的に人気なようです。例えば、パールの混じったホワイトや白色に近いパールゴールドなどの老若男女を問わず使いやすい色が人気色となっています。逆に言えば、ピンクや濃いイエローなどの特徴のある色だと、中古車を買う顧客も限定的になるため、価格が高くつきにくくなってしまいます。

車買取にも人気色があるって本当?

車買取を利用する場合、なるべく高い価格で買い取ってほしい、と思ってしまうのは人の性だと言えるのではないでしょうか。

かくいう私も、どちらにしても手放すのであれば、なるべく高く買取を行ってほしい、と考えてしまいます。

車買取を行ってもらう時に、価格に影響する事柄は何種類かありますが、価格に車の色も影響してくる場合がある、という事はご存知でしょうか。

車買取の価格が付く基本は需要があるかどうか、が問題になってきますから、やはり売れない色と売れる人気色というものがあります。やはりよく売れる人気色は高い価格が付きやすくなりますから、新車を買う時点で、車買取を見据えて色を選んでおくことで高い価格を意識的に目指す、というのも良いでしょう。

車体の色の中では白っぽい色が全体的に人気なようです。例えば、パールの混じったホワイトや白色に近いパールゴールドなどの老若男女を問わず使いやすい色が人気色となっています。逆に言えば、ピンクや濃いイエローなどの特徴のある色だと、中古車を買う顧客も限定的になるため、価格が高くつきにくくなってしまいます。

買取金額を高く付けて頂くのは難しい事。

愛車を手放す事になった場合には、新車への入替えでない場合には、年式にも寄るのだが5年以上の車の査定価格は初めから’ゼロ’と思って車買取業者に依頼した方が無難な気がする。高年式の車や走行距離によっては逆に廃車費用を請求される場合もある事を覚悟して望むべきである。

現在では、自分の愛車が人気の高い車種・色などの好条件であったとしても、在庫車を抱える事は車買取企業としては望まない事、高年式・高走行距離の人気車としてもなかなか買取金額を付けて頂くのは難しい事である。とわ言え、売却せずに愛車を所有し続ける事に対してはかなりのリスクが発生する事も事実である。愛車を所有し続けるかは自分自身の問題であるが、その行為にはかなりの維持費を覚悟する必要がある。

仮に愛車が新車同然にリニューアルされた人気車種としたら高年式であっても車買取業者にとっては、魅力の珍品車としての価値を認めてくれる場合もあるとは思う。でも、なかなか投資した価格での車買取は難しいのではないだろうか。

違うメーカーで外車の買取を依頼するケース

愛車の入替えを考える時、同一メーカーで同じ販売店であればそれほど問題は無いのだと思いますが、メーカーが違ったり、外車を国産車に入替えたりする場合には大変厄介である。外車から国産車に入替える場合にはディーラーが車の下取りを拒み、車買取業社への持込を進められたりする事も暫しである。ただ、経験上同じメーカーでの入替は比較的に外車の場合には高額で下取りして頂く事はあります。

しかし、違うメーカーで外車の買取を依頼するケースの場合、例え新車購入の為の下取りとしてもかなりのハンデーは有ると思うべきである。外車ディラーが下取りした他のメーカー車を整備して中古車として販売するケースは国産車以上に少ないのである。したがって下取りした他のメーカーの外車は外車専門の車買取業者に転売するケースが殆どである。転売目的の外車を高く買い取るケースはまず望めないと思うべきである。

しかるに、他メーカーの外車を購入する事を考えているのであれば、初めから外車専門の買取業者・数社に一括見積依頼をする事をおすすめする。

情報(データー)が売り物になる時代です。

ネット上の車買取業者のWeb広告に、”下取りしますか買取にしますか!”と広告が出ていた。以前ならば迷うことなく車を買い替える場合には、下取りに出していた。近くのディーラーで相見積もりを取る程度でした。車の買取業社自体が現在のように数多くなく、Webもたいして盛んではありませんでした。

今のネットや電話で買取依頼をする一括買取見積などの方法などありませんでした。今の時代は、情報(データー)が売り物になる時代です。仮に私が愛車の買取見積をWeb上からエントリーしたとします。今日か明日中に複数の車買取業社の担当者からメールや携帯電話に直ぐに連絡が入り、見積査定に自宅まで来る時間の打ち合わせをする事に成ります。車買取の依頼をWeb上からした当日か翌日には、見積査定の為に現車を確認に来る事など当たり前の時代になりました。

私の車買取依頼のデーターエントリーを常に確認している人が居るということですよね。逆に考えると監視されているのかと疑いたくもなったりするのは私だけでしょうか。

一日の入庫車台数が数百台

CMなどで盛んに宣伝している車買取業の大型店が近くの幹線道路沿いに多数あります。当然のこととして買取った中古車を販売している。買い取った車を整備して販売する全国ネットの車買取会社ですが、実際には来店して展示車を観た事はありません。

店の看板に一日の入庫車台数が数百台とか書いてありますが、実際にそれ程多くの台数の車を売り買いできる物なのでしょうか?全国ネットの大型車買取会社だから可能なのかもしれませんが、たいした整備工場の様な建物も無いように見受けられますが。

日本中の私以外の誰かが車を売り、それを誰かが買うと云う事ですね。そうでもなければ一日数百台もの車の取引は実際に出来ませんし、車の買取が数百台もあって、売れた車が同数ないと在庫車の保管場所に困りますからね。

ただ、自分自身が大型車買取会社から中古車を買うという事には多分ならないと思います。なぜならば車は走ってこその物で当然、後々の整備点検等の事を考えると心配の方が大きいと思うからです。

車の売却を考えている方の想い

“お車をお持ちの方は特に感じられることとなるでしょう。その車を長く乗れば乗るほど、どうしても愛着が湧くものです。そもそも長く乗ることができるということは、その車に対する思い入れが強いからであることの裏返しともなるでしょう。特に車を所有する際に大変な思いをされている方ほど、このような思い入れが強く出てくるものです。

その様な車にも、いつかは寿命が来ることとなります。車は消耗部品の塊ですので、それを長い期間使い続けていますと色々な所にガタがくることとなり、最終的には走行不能にまで陥ることもあるのです。そのような兆候が現れ始めますと、そろそろ車の買い換え時期となります。

そのような時にどの車買取業者に依頼をするのかということを問題にされる方がいらっしゃいます。車買取業者からは、如何に他車より査定額を多く出せるのかというところに価値を見出しているのですが、実際に売られる側の方はそれだけでは満足できないこともありますので、心の通った仕事ができたならば、車の売却を決心してくれることもあります。”

愛車

車の程度と査定額との関係

“日常の生活スタイルによって、私たちの行動は色々と変化してきます。特に私たちの移動手段を何によって行っているのかということは、住んでいる地域や職種によっても異なることとなります。

電車等の公共交通機関だけで生活できる方もいらっしゃれば、ご自分で車を保有して、毎日それを利用される方も実際には多くいらっしゃいます。車を利用される方でも、どの程度その車を利用するのかということも、その方によって大きく変化してきます。いわゆる車の走行距離が伸びる方と伸びない方に分かれてくるのです。

このように使い古した車を売却する時に利用するのが車買取業者となります。車買取業者の営業目的とは、個人に売っていただいた車を整備して価値を高め、それを他の方に高く売却することを目的としている業者となります。ですから個人の車を譲り受けて頂く際に、特に走行距離が短い車ほど、高い査定額を提示できるシステムとなっているのです。そのようなことを考えておきながら、普段から車の利用方法を考える方も多くいらっしゃいます。”

車をどの業者に売却しようか迷っている方へ

“新車の購入を検討する段階におきまして、今ある車を如何に売却するかということを考えることがあります。最近ではどこに売却しようかと考えがなかなか定まらないものです。と言いますのも、売却できるような、いわゆる車買取サービスを行っている業者が非常に多くあるからです。ですから、どの業者にお願いしたら良いのかということが、正直分からないと思われている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

あまり信用のできない業者に当たってしまうのも少し怖いものですので、どの業者を選ぶかということが、どうしても慎重にならざるを得ないこととなります。そのような方に対しましては、大手自動車販売業者直営の車買取サービスを利用されたら良いでしょう。

大手企業が特に気にすることは、とにかく利用者との信頼関係を築くことです。この信頼関係があるからこそ、次回も自社製品を購入してくれるという流れを作りだすことができるのです。ですから車買取サービスにしましても、しっかりと信頼できる対応をしていただけるのです。”

オッケー

車の査定額の見積もりが欲しい方は

“ご自分の車を少しでも高く売りたいとお考えの方は、実際にはどのくらいいらっしゃるのでしょうか。正確には把握できないでしょうが、かなり多くいらっしゃることが想像できます。何故ならば、多くの車買取業者がこぞって出店をしている他、インターネット上でも盛んに宣伝をしているからです。

何社も車買取業者が同じように査定のサービスをインターネット上で行っている事実があります。中には、一度車の条件を入力しますと、自動的に何社も一斉に査定額が出てくるようなサービスもあったりします。このように車買取業者が多いということは、それだけ売る側となる個人も多いということが考えられるということに繋がります。

特にご自分の車を売る側の立場の方は、ぜひこのようなサービスを利用していただきたいものです。ご自分の足で何社も見積もりをもらいに店舗を回っていくことは非常に困難なこととなります。それが現代社会におきましては、自宅にて、しかも指一本で数社からの見積もりを一斉に出してくれるような時代にあります。”